万一のときも、介護のときも、長生きにもお役に立てる多機能型終身保険です。

長生き支援終身
長生き支援終身

低解約返戻金型終身介護保険[無配当] 特定疾病保険料払込免除特則 年金支払特約 付加 健康祝金なしのタイプ

ポイント

  • point
    1

    死亡・高度障害の保障はもちろん、介護の保障も一生涯続きます。

    死亡保険金・高度障害保険金・介護保険金のいずれかをお受け取りいただいた場合、ご契約は消滅し、以後の保障はなくなります。

  • point
    2

    介護保障は公的介護保険で要介護2以上と認定またはあんしん生命所定の要介護状態になられたときお受け取りいただけます。
    介護保険金は一時金としてお受け取りいただけますので、要介護状態になられたときの初期費用を準備できます。

    • ●介護保険金をお受け取りいただいた場合、ご契約は消滅し、以後の保障はなくなります。
    • ●介護保険金を年金としてお受け取りいただくこともできます。
  • point
    3

    解約返戻金をご活用いただけます。
    長期的な貯蓄の機能も備えていますので、老後の生活資金にもご活用いただけます。

    • ●解約された場合、以後の保障はなくなります。
    • ●この保険は、保険料払込期間を「低解約返戻金期間」に指定し、「低解約返戻金割合」を70%に設定しています。
    • ●ご契約後短期間で解約されたときの解約返戻金はまったくないか、あってもごくわずかです。
    • ●特定疾病保険料払込免除特則により保険料のお払込みが免除された場合または払済保険に変更した場合は、それ以後の解約返戻金の計算には「低解約返戻割合」の70%を乗じません。
  • point
    4

    <特定疾病保険料払込免除特則>悪性新生物と診断確定されたとき、または、心疾患もしくは脳血管疾患により、所定の治療を受けられたとき、将来の保険料のお払込は不要です。

    • ●「上皮内新生物」や、「高血圧性心疾患」は、お払込みの免除対象にはなりません。
    • ●責任開始日からその日を含めて90日を経過する日以前(責任開始期前を含みます)に悪性新生物に罹患した場合は、保険料の払込免除はいたしません。この場合、その後新たに悪性新生物と診断確定されても、保険料の払込免除はいたしません。
  • point
    5

    <年金支払特約>介護保険金を一時金ではなく、10年間にわたり年金としてお受け取りいただき、介護費用や生活費に充てることも可能です。

  • ※このページは商品の概要を説明しています。詳細は各商品のパンフレット、契約概要、注意喚起情報、ご契約のしおり・約款を必ずご覧ください。

17-KL04-H162

TOPページへ戻る

PCサイトで詳細を見る


通話料無料0120-114-800

【受付時間】9:15~18:00(日・祝除く)