商品概要 - 医療保険 メディカルKit NEO

募集代理店:株式会社アイ・エフ・クリエイト

0120114800

メディカルKit NEO

医療保険メディカルKit NEO商品概要医療総合保険(基本保障・無解約返戻金型)[無配当]1入院60日型、手術給付金および
放射線治療給付金の給付倍率の型:Ⅰ型、先進医療特約、通院特約、特定疾病保険料払込免除特則

シンプルな医療保障に、先進医療や通院まで保障するプランをご用意しました。

お申込み・資料請求などの
各種お手続きはこちら

商品概要

特長1日帰り入院から保障主契約

1回の入院の支払限度日数は60日、通算の支払限度日数は疾病入院・災害入院それぞれ1,095日です。

  • <日帰り入院とは>
    入院日と退院日が同一の入院のこと。日帰り入院か否かは入院料の有無等によります。

平均入院日数は年々短くなってきています。

短期入院の割合(10日以内)

入院した方の約60%が10日以内に退院しています。

  • 厚生労働省「平成29年 患者調査」をもとに東京海上日動あんしん生命にて作成
  • 単胎自然分娩/その他の妊娠、分娩及び産じょくを除く
  • 数字は端数処理の関係上、合計が100%になっておりません。

特長2公的医療保険対象の手術・放射線治療を保障主契約

対象の手術は1,000種類以上です。

  • 手術給付金については、傷の処理や抜歯などお支払いの対象外となる手術や、お支払回数に制限がある場合があります。骨髄等の採取術については、責任開始日からその日を含めて1年を経過した日以降に行われた手術につき、保険期間を通じて1回を限度としてお支払いします。
  • 放射線治療給付金は、電磁波温熱療法を対象として含みます。対象となる放射線照射の方法は体外照射、組織内照射または腔内照射のいずれかに限ります。(血液照射は対象になりません。)また、お支払いの対象となる放射線治療を複数回受けた場合は、支払対象となった最後の受療から60日以内の受療は対象になりません。
  • 2019年6月現在の医科診療報酬点数表より東京海上日動あんしん生命調べ

特長3先進医療を受けられた時の技術料を通算2,000万円まで保障先進医療
特約

  • 支払限度は通算2,000万円となります。
  • 先進医療とは、公的医療保険制度に定める評価療養のうち、厚生労働大臣が定める先進医療(先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院または診療所において行われるものに限ります。)※をいいます。ただし、療養を受けた日現在、公的医療保険制度の給付対象となっている療養は先進医療とはみなされません。(特約の保険期間中に対象となる先進医療は変動します。)
  • 詳細については厚生労働省のホームページをご参照ください。

「先進医療にかかわる技術料」は、公的医療保険制度の給付対象ではないので、全額自己負担となります。

先進医療の例と平均費用
重粒子線
治療
陽子線
治療
内視鏡下手術用
ロボットを用いた
腹腔鏡下
胃切除術
309万円 276万円 106万円
  • 平成29年1月12日厚生労働省「第49回先進医療会議資料」
  • 平成28年度実績報告(平成27年7月1日~平成28年6月30日)より東京海上日動あんしん生命作成

上記の【基本プラン】に、
通院特約特定疾病保険料払込免除特則をプラスした
【充実プラン】をご用意しました!

特長4充実プラン
病気・ケガの入院前後の通院を保障
通院特約

  • 入院前60日以内
  • 退院後 180 日(730日)以内
    入院の原因となった疾病が、がん、心疾患、脳血管疾患の場合は730日以内。(「心疾患」には、高血圧性心疾患は含まれません)

通院患者数は増加傾向にあります。

自宅で長期療養を余儀なくされたり、仕事を続けながら通院治療を行うケースもあり、通院への備えも必要となってきています。

通院患者数の推移

通院患者数の推移 増加傾向

  • 厚生労働省「平成14、20、29年 患者調査」

特長5充実プラン
特定疾病のときの保険料のお払込が免除
特定疾病保険料
払込免除特則

以下の①または②に該当したとき、将来の保険料のお払込が免除となります。

  • 初めて悪性新生物と診断確定されたとき※1
  • 心疾患※2または脳血管疾患を発病したと診断され、所定の手術または、継続20日以上の入院治療を受けたとき
  • 上皮内新生物は対象になりません。悪性新生物については、責任開始日からその日を含めて90日を経過する日までを不担保期間とし、不担保期間終了まで(責任開始期前を含みます。)に悪性新生物に罹患した場合は、保険料の払込免除はいたしません。この場合、不担保期間終了後に新たに悪性新生物と診断確定されても、保険料の払込免除はいたしません。悪性新生物の診断確定は、病理組織学的所見により医師によってなされる必要があります。ただし、病理組織学的所見が得られない場合は、その他の所見を認めることがあります。
  • 「心疾患」には、高血圧性心疾患は含まれません。

このページは商品の概要を説明しています。詳細は各商品のパンフレット、契約概要、注意喚起情報、ご契約のしおり・約款を必ずご覧ください。

1907-KL08-H0057

お申込み・資料請求などの
各種お手続きはこちら

電話で資料請求・お問い合せ