使わなかった保険料が戻ってくる"新しいカタチの医療保険"

メディカルKitR
【医療保険】メディカルKit R

医療総合保険(基本保障・無解約返戻金型)健康還付特則 付加[無配当]

ポイント

  • point
    1

    所定の年齢までの保険料がリターン

    ここがポイント
    「掛け捨ての医療保険ではもったいない」と思われている方におすすめです。

    万一の入院に備えながら

    • ●入院給付金等のお受け取りがない場合
      所定の年齢までにお払い込みいただいた保険料※1が全額戻ってきます※2
    • ●入院給付金等のお受け取りがあった場合
      所定の年齢までにお払い込みいただいた保険料※1がお受け取りいただいた入院給付金等の合計金額を上回るときは差額が戻ってきます※2
    • ※1 被保険者が所定の年齢に到達する、年単位の契約応当日の前日までの既払込保険料相当額。各種特約・特定疾病保険料払込免除特則を付加しないものとして計算します。所定の年齢は契約年齢が0~40歳の場合は60歳または70歳、41~50歳の場合は70歳、51~55歳の場合は75歳、56~60歳の場合は80歳となります。ただし、所定の年齢に到達する前に保険料払込みの免除事由に該当した場合は、その該当した日までの既払込保険料相当額とします。
    • ※2 被保険者が健康還付給付金支払日に生存している場合。健康還付給付金支払日とは、被保険者が健康還付給付金のお受取り対象年齢に到達する年単位の契約応当日をいいます。ただし、その日の前日までに保険料払込みの免除事由に該当した場合は、その該当した日とします。
    • ●お受け取りいただいた入院給付金等の合計額がお払い込みいただいた保険料を超えた場合、健康還付給付金のお受け取りはありません。
    • ●被保険者が保険期間中に死亡された場合、解約返戻金があれば、これと同額の返戻金をお受け取りいただけます。
  • point
    2

    一生涯の医療保障を加入時のお手頃な保険料でリザーブ

    ここがポイント
    入院する確率が高まる時期に、加入時のお手頃な保険料のまま、医療保障を継続することができます。

    健康還付給付金(リターン)を受け取ったあとも、主契約の
    ●保険料は加入時のままで変わりません
    ●保障は一生涯続きます
  • point
    3

    生存保障重点プラン(特定疾病保険料払込免除特則 付加)なら特定疾病になったときの保険料の負担に備えることができます!

    特定疾病【悪性新生物(がん)心疾患脳血管疾患】で所定の状態に該当された場合【注】

    ここがポイント
    将来の保険料のお払込みが不要となります!!
    しかも、保障は一生涯続きます。

    ここがポイント
    健康還付給付金のお受取り対象年齢になる前に該当された場合該当された時点で、それまでに払い込んだ保険料の使わなかった分をリターンします

    • ※該当された時点で、該当された日までにお払い込みいただいた保険料(払込方法にかかわらず、月払・口座振替扱の保険料とします。各種特約・特定疾病保険料払込免除特則を付加しないものとして計算します。)から、それまでにお受け取りいただいた入院給付金等を差し引いた金額を健康還付給付金としてお受け取りいただけます。
    • (健康還付給付金のお受取りは、保険期間を通じて1回を限度とします。)

    【注】保険料のお払込みが不要となる特定疾病および所定の状態(特定疾病保険料払込免除特則 付加)

    以下の①または②に該当されたとき*1、将来の保険料のお払込みが不要(免除)となります。

    特定疾病 所定の状態
    ①悪性新生物(がん) 初めて悪性新生物*2と診断確定されたとき*3
    ②心疾患・脳血管疾患 心疾患*2または脳血管疾患を発病したと診断され、所定の手術*4または継続20日以上の入院治療を受けたとき
    • *1 公的医療保険制度の変更が将来行われたときは、主務官庁の認可を得て、保険料払込みの免除事由を変更することがあります。その場合、変更日の2か月前までにご契約者にその旨をご案内します。
    • *2 上皮内新生物や高血圧性疾患は対象になりません。その他、対象となる疾病の詳細については、普通保険約款の別表をご確認ください。
    • *3 悪性新生物については、責任開始日からその日を含めて90日を経過する日までを不担保期間とし、不担保期間終了まで(責任開始期前を含みます。)に悪性新生物に罹患した場合は、保険料払込みの免除はいたしません。この場合、不担保期間終了後に新たに悪性新生物と診断確定されても、保険料払込みの免除はいたしません。悪性新生物の診断確定は、病理組織学的所見により医師によってなされる必要があります。ただし、病理組織学的所見が得られない場合は、その他の所見を認めることがあります。
    • *4 手術給付金のお支払事由に該当する手術および先進医療*5に該当する手術を対象とします。
    • *5 公的医療保険制度の法律に定める評価療養のうち、厚生労働大臣が定める先進医療(厚生労働大臣が先進医療ごとに定める施設基準に適合する病院等で行われるものに限ります。)をいいます。ただし、療養を受けた時点で公的医療保険制度の給付の対象となっていた場合等は、先進医療とはいいません。また、公的医療保険制度に基づき給付の対象となる費用や、技術料以外の自己負担となる費用等は、先進医療給付金の対象となりません。
  • point
    4

    より保障を充実させる特約も付加できます

    ここがポイント
    保障の内容を自由に設計することが可能です

    特約(オプション) 各種特約の概要を説明しています。詳細については、「ご契約のしおり・約款」をご確認ください。
    バラエティ豊かな「特約」を、お客様のニーズにあわせて付加いただけます。

    ●特定治療支援特約

    ●5疾病就業不能特約

    ●通院特約
    ●がん通院特約
    ●がん診断特約
    ●悪性新生物初回診断特約
    ●抗がん剤治療特約
    ●女性疾病保障特約
    ●先進医療特約

    ●3大疾病入院支払日数無制限特約
    ●手術給付金の追加払に関する特約

    など

    特約の保険料は、健康還付給付金(リターン)の対象とはなりません。一方で、特約部分から支払われた保険金・給付金は健康還付給付金(リターン)の減額の対象とはなりません。
    ・付加される特約については、保険期間を通じて解約返戻金はありません。

保障内容

基本プラン

10,000円タイプの場合

病気・ケガで所定の入院をされたとき

疾病入院給付金
災害入院給付金

10,000円/1日

※ 1入院60日/通算1095日

公的医療保険制度の給付対象の手術・放射線治療を受けられたとき

手術給付金
放射線治療給付金

入院中の手術・放射線治療

100,000

外来の手術

50,000

健康還付特則 (リターン)

被保険者が健康還付給付金支払日に
生存しているとき。

健康還付給付金

所定の年齢までに、お払い込みいただいた保険料(※)からそれまでにお受け取りいただいた入院給付金等を差し引いた差額をお受け取りいただけます。

  • ※被保険者が所定の年齢に到達する、年単位の契約応当日の前日までの既払込保険料相当額。各種特約・特定疾病保険料払込免除特則を付加しないものとして計算します。所定の年齢は契約年齢が0~40歳の場合は60歳または70歳、41~50歳の場合は70歳、51~55歳の場合は75歳、56~60歳の場合は80歳となります。ただし、所定の年齢に到達する前に保険料払込みの免除事由に該当した場合は、その該当した日までの既払込保険料相当額とします。

生存保障重点プラン(オプション)

所定の高度障害状態または所定の身体障害状態になったときに加えて、特定疾病で所定の状態に該当したとき。※1

特定疾病保険料
払込免除特則

以下のいずれかに該当したとき、将来の保険料のお払込みが免除となります。

悪性新生物(がん)
責任開始日からその日を含めて90日を経過した日の翌日以後の保険料払込期間中に、初めて悪性新生物※2に罹患したと、医師によって診断確定されたとき。
心疾患・脳血管疾患
責任開始期以後に心疾患※3または脳血管疾患を発病したと医師によって診断され、所定の手術※4または継続20日以上の入院治療を受けたとき。

さらに、健康還付給付金のお受取り対象年齢に到達する前に該当した場合は、その時点で健康還付給付金をお受け取りいただけます。

該当日までに悪性新生物(がん)・心疾患・脳血管疾患等で入院給付金等をお受け取りいただいた場合は、給付金分を差し引いた金額をお受け取りいただけます。

  • ※1 特定疾病保険料払込免除特則を付加しない場合、所定の高度障害状態または所定の身体障害状態に該当したときに限り、将来の保険料のお払込みが免除となります。この場合、所定の年齢に到達する前に該当した場合は、その時点で健康還付給付金をお支払いします。
  • ※2 「上皮内新生物」は対象になりません。また、責任開始日からその日を含めて90日を経過する日以前(責任開始期前を含みます。)に悪性新生物に罹患した場合は、保険料払込みの免除はいたしません。この場合、その後新たに悪性新生物と診断確定されても、保険料払込みの免除はいたしません。
  • ※3 「高血圧性心疾患」は対象になりません。
  • ※4 手術給付金のお支払事由に該当する手術および先進医療に該当する手術を対象とします。
【解約返戻金について】
  • ●基本保障、付加される特約、特定疾病保険料払込免除特則は、保険期間を通じて解約返戻金はありません。
  • ●健康還付特則部分については、健康還付給付金支払日前に限り解約返戻金があります。解約返戻金額は、契約年齢・性別・保険料の払込年月数、経過年月数・入院給付金等の支払額により異なります。
  • ●ご契約を途中でおやめになると解約返戻金はお払込保険料の合計額より少ない金額になり、特に契約後短期間で解約された場合はほとんどありません。また、入院給付金等の支払額によっては、解約返戻金が全くない場合もあります。
  • ※このページは商品の概要を説明しています。詳細は各商品のパンフレット、契約概要、注意喚起情報、ご契約のしおり・約款を必ずご覧ください。

18-KL04-H028

TOPページへ戻る

PCサイトで詳細を見る


通話料無料0120-114-800

【受付時間】9:15~18:00(日・祝除く)