0120114800

あんしんがん治療保険

がん保険あんしんがん治療保険[無配当]Q&Aがん治療保険(無解約返戻金型)[無配当]・悪性新生物保険料払込免除特則・がん特定治療保障特約・がん先進医療特約・がん入院特約・がん通院特約・がん診断特約

治療を受けた月ごとに給付金が受け取れ、最新の治療も保障するがん保険

お申込み・資料請求などの
各種お手続きはこちら

Q&A

お客様からよくいただくご質問です。
お申込の前にご確認ください。

Q悪性新生物と上皮内新生物の違いは?

A

悪性新生物とは
無秩序に増殖しながら周囲にしみ出るように広がったり(浸潤)、身体のあちこちに飛び火(転移)し、次から次へと新しいがん組織をつくってしまう腫瘍をいいます。
上皮内新生物とは

上皮内新生物は、「上皮内腫瘍」ともいいます。がん細胞が上皮細胞と間質細胞(組織)を境界している膜(基底膜)を破って浸潤していない状態です。浸潤していませんから、多くの場合、切除すれば治ります。

上皮内新生物の例:子宮頸部の上皮内がん・高度異形成、乳腺の非浸潤がん、大腸の粘膜内がん 等

Qがんにはどのような治療がありますか?

A

がんの治療にはさまざまな方法がありますが、第一次選択となるのは「標準治療」です。「標準治療」は、科学的な根拠にもとづき、有効性や安全性について現時点で最良であるとされている治療です。この標準治療の柱となるのが、「がんの3大治療(手術・放射線治療・薬物療法(抗がん剤治療等))」です。
「がんの3大治療」を組み合わせて集学的治療を行います。また、緩和療養を織り交ぜながら治療を進めます。

がんの3大治療
  • 手術…がんのある箇所を切除
  • 放射線治療…放射線の照射により、がん細胞を破壊・死滅
  • 薬物療法(抗がん剤治療等)…薬剤によってがんの増殖を阻害したり、がんへの攻撃力を増強
  •    +
  • 緩和療養…がんに伴う身体と心の痛みを和らげるためのケア
Q給付金の直接支払サービスとは?

A

東京海上日動あんしん生命から医療機関に給付金を直接お支払いできるサービスです。東京海上日動あんしん生命が提携する医療機関でがん特定治療保障特約・がん先進医療特約の対象となる所定の診療を受けられた場合に、給付金受取人からのお申出により、医療機関に対して所定の給付金を直接お支払いします。サービスの対象となる診療費について、お客様に一時的なご負担をいただくことなく、医療機関で診療を受けることができます。サービスの対象となる医療機関およびお取扱条件については、東京海上日動あんしん生命の専用ホームページをご確認ください。

サービス利用にあたってのご注意

  • 診療を受けられる前に最新の提携医療機関をご確認ください。
  • 診療を受けられる前に、東京海上日動あんしん生命への事前連絡が必要となります。
  • がん先進医療特約は、2022年2月現在、重粒子線治療、陽子線治療が対象です。
  • 給付金の直接支払サービスのご利用にあたっては、東京海上日動あんしん生命所定のお取扱条件を満たす必要があります。

このページは商品の概要を説明しています。詳細は各商品のパンフレット、重要事項説明書(契約概要/注意喚起情報)、ご契約のしおり・約款を必ずご覧ください。

2201-KL08-H0357

お申込み・資料請求などの
各種お手続きはこちら

電話で資料請求・お問い合せ

資料請求 電話相談