0120114800

がん診断保険R

がん保険がん診断保険R[無配当]保障内容・保険料シミュレーションがん診断保険(無解約返戻金型)健康還付特則 付加 [無配当]

がん診断保険Rは“新しいがん保険のカタチ”をご提案します。

お申込み・資料請求などの
各種お手続きはこちら

保障内容・保険料シミュレーション

保険にご加入される方の年齢・性別を入力してください

年齢

性別

診断給付金 診断給付金は100万円、200万円、300万円の
3タイプご用意。

試算条件:

2022年2月2日現在
万円
月払保険料
(口座振替扱)
- お申込み
いただけません
保険期間/保険料払込期間 終身
主契約

診断給付金

<基本保障>

?

1回
-万円

初めてがん(悪性新生物・上皮内新生物)と診断確定されたとき
また、がん(悪性新生物)*1が再発・転移 したとき*2

  • 「上皮内新生物」は対象になりません。
  • 2回目以降の診断給付金は、前回の診断給付金のお支払事由に該当した日からその日を含めて2年経過後にお支払事由に該当した場合に限り、お受け取りいただけます。
  • 回数無制限 2年に1回を限度
  • 上皮内新生物は 保険期間を通じて1回を限度

健康還付給付金

<健康還付特則>

?

-

被保険者が健康還付給付金支払日*3に生存しているとき、
所定の年齢までにお払い込みいただいた保険料*4から、
それまでにお受け取りいただいた診断給付金を差し引いた金額をお受け取りいただけます。

ご契約年齢 0歳~50歳 51歳~55歳 56歳~60歳
所定の年齢
健康還付給付金の
お受け取り対象年齢
70歳 75歳 80歳
  • 被保険者が健康還付給付金のお受取り対象年齢に到達する年単位の契約応当日をいいます。ただし、その日の前日までに保険料払込みの免除事由に該当した場合は、その該当した日とします。
  • 被保険者が所定の年齢に到達する、年単位の契約応当日の前日までの既払込保険料相当額。(各種特約の保険料は含みません。また、悪性新生物保険料払込免除特則を付加しないものとして計算します。)ただし、所定の年齢に到達する前に保険料払込みの免除事由に該当した場合は、その該当した日までの既払込保険料相当額とします。

保険期間を通じて1回を限度

保険料払込みの免除*5

<基本保障>

以下いずれかに該当したとき、
将来の保険料のお払込みが不要となります。

  • 病気やケガにより、所定の高度障害状態になられたとき
  • 不慮の事故によるケガで、事故の日からその日を含めて180日以内に所定の身体障害の状態になられたとき
  • 悪性新生物保険料払込免除特則を付加しない場合、所定の高度障害状態または所定の身体障害状態に該当したときに限り、将来の保険料のお払込みが免除となります。この場合、所定の年齢に到達する前に保険料払込みの免除事由に該当した場合は、その時点で健康還付給付金をお受け取りいただけます。

保険料払込みの免除*5

<悪性新生物保険料払込免除特則>

?

初めてがん(悪性新生物)*6と診断確定されたとき
将来の保険料のお払込みが不要となります。

健康還付給付金のお受取り対象年齢に到達する前にがん(悪性新生物)*6と診断確定された場合は、その時点で健康還付給付金をお受け取りいただけます。

  • 悪性新生物保険料払込免除特則を付加しない場合、所定の高度障害状態または所定の身体障害状態に該当したときに限り、将来の保険料のお払込みが免除となります。この場合、所定の年齢に到達する前に保険料払込みの免除事由に該当した場合は、その時点で健康還付給付金をお受け取りいただけます。
  • 「上皮内新生物」は対象になりません。
+特約

がん特定治療保障特約

特定治療給付金

?

診療にかかわる費用と同額
通算1億円限度

保険期間・保険料払込期間:5年(90歳まで自動更新可能)

がん治療のため、以下のいずれかの診療*7が行われる入院または通院をされたとき

  • 公的医療保険制度における患者申出療養、または評価療養(先進医療を除きます。)による診療
  • 対象病院において行われる所定の自由診療

診療とは、医師による診察・検査、薬剤または治療材料の支給、処置・手術その他 の治療に該当する医療行為をいいます。

患者申出療養、評価療養、
自由診療等について

次の費用は給付金のお支払いの対象になりません。
  • 患者申出療養または評価療養(先進医療を除きます。)の場合は、公的医療保険制度による保険給付がなされるべき費用(被保険者の一部負担金を含みます。)
  • 選定療養にかかわる費用(差額ベッド代等をいいます。)および先進医療にかかわる技術料
  • 遺伝子パネル検査にかかわる費用
+特約

がん先進医療特約

先進医療給付金

?

先進医療にかかわる技術料と同額
通算2,000万円限度

保険期間・保険料払込期間:10年(90歳まで自動更新可能)

がん治療のため、公的医療保険制度における 所定の先進医療を受けられたとき

+特約

がん治療特約

①手術・放射線治療給付金
②抗がん剤治療・緩和療養給付金

?

月額
10万円

保険期間・保険料払込期間:終身

  • がんの治療のため、公的医療保険制度の対象となる所定の手術・放射線治療を受けられたとき
    • お支払事由に該当した月ごとに
    • お支払月数 無制限
  • がんの治療のため、公的医療保険制度の対象となる所定の抗がん剤治療を受けられたとき、または、がん性疼痛の緩和のため、公的医療保険制度の対象となる所定の緩和療養を受けられたとき
    • お支払事由に該当した月ごとに
    • 保険期間を通じて60か月まで
  • 抗がん剤には、所定の内分泌療法薬(ホルモン剤)等を含みます。
  • お支払いの対象となる治療や療養を同一の月に複数回受けられたときでも、給付金は重複してお支払いしません。
  • 同一の月に手術・放射線治療給付金および抗がん剤治療・緩和療養給付金のお支払事由に該当した場合には、手術・放射線治療給付金のみをお支払いし、抗がん剤治療・緩和療養給付金はお支払いしません。

高額療養費制度による自己負担の上限額を参考にご設定ください。

+特約

がん入院特約

入院給付金

?

1日につき
10,000

保険期間・保険料払込期間:終身

がんの治療のため、所定の入院をされたとき

同一の日に2回以上入院した場合でも、入院給付金は重複してお支払いしません。

お支払日数 無制限

+特約

がん通院特約

通院給付金

がん通院特約は、がん治療特約を あわせて付加する必要があります。

?

日額
5,000

保険期間・保険料払込期間:終身

がん治療特約の給付金のお支払いの対象となる治療または緩和療養を受け、
以下の①から②までの期間内にがんの治療のため、所定の通院*10をされたとき

  • がん治療特約のお支払事由に該当した日の属する月の前々月の初日
  • がん治療特約のお支払事由に該当した日の属する月の1年後の応当月の末日
  • がん性疼痛の緩和を目的とした 緩和療養のための通院を含みます。

お支払日数 無制限

【がん治療特約の給付金が2か月以上連続して支払われた場合の支払対象期間】

+特約

悪性新生物初回診断特約

診断保険金

保険金額は主契約の診断給付金額と合計して300万円までとなります。

?

50万円

保険期間・保険料払込期間:終身

初めてがん(悪性新生物)*11と診断確定されたとき

  • 上皮内新生物は対象となりません。

保険期間を通じて1回

+特約

がん手術特約

手術給付金

?

1回
10万円

保険期間・保険料払込期間:終身

がんの治療のため、所定の手術・ 放射線治療を受けられたとき

お支払回数 無制限(放射線治療等は60日に1回を限度)

+特約

抗がん剤治療特約

治療給付金

?

1か月ごと
10万円

保険期間・保険料払込期間:10年(90歳まで自動更新可能)

がんの治療のため、公的医療保険制度の対象となる 所定の抗がん剤治療を受けられたとき

抗がん剤には、所定の内分泌療法薬(ホルモン剤)等を含みます。

  • お支払事由に該当した月ごとに
  • 保険期間を通じて60か月まで

がんについて保障の開始まで90日の不担保期間(保障されない期間)があります。

【特約の保険料や保険金・給付金について】

特約の保険料は健康還付給付金(リターン)の対象とはなりません。
一方で、特約部分から支払われた保険金・給付金は健康還付給付金(リターン)の減額の対象とはなりません。

記載以外の保険金額・給付金額については、募集代理店にご確認ください。

このページは商品の概要を説明しています。詳細は各商品のパンフレット、契約概要、注意喚起情報、ご契約のしおり・約款を必ずご覧ください。

2201-KL08-H0357

お申込み・資料請求などの
各種お手続きはこちら

電話で資料請求・お問い合せ

資料請求 電話相談